採れたての生のスイートコーンがアルティメットに流行り始めました。

果物より、スイートコーン・ラブな私。

缶詰の白濁した汁に浸かっておるスイートコーンもオススメスポットだけど、やっぱり年少とうもろこしはうまい!

いつもは1,2マガジンで我慢しているけれど、食べようと思えば5マガジンや6マガジンぐらい最高たどり着けるという。

だけど、調理法はそのまま茹でるか蒸す、でないと言語道断。

変に味付けしたり、ポップコーンのように姿を変えて歯ごたえを付けてしまうと、とたんに注目がなくなってしまう。

普通出し汁と甘さが好きなのだ。お祭りの醤油を付けたのも、私は下手。味付けは極めて控えめな方がいい。

こんなにおいしいフードをうちの長男は食べない。

げろ吐きみたい、と言われて仕舞う。粒の見えないとうもろこしスープは好きなくせに。

明日も買って来みたい♪食事も取り除ける。コーンがあれば。

いま空き時間を利用して、スーパーファミコンの「ヘラクレスの名誉Ⅲ」を遊びしました。

ストーリーのあらすじは、体験をなくした不死身のキャラクターが、おんなじ境遇の友たちと共にその体験を思い返すために旅に生まれるといった内容だ。

ストーリーが結び付くにつれ、自分が何者なのかというのがだんだんと検討されてゆき、最終的にはすべての迷宮が解けるなどだ。

こういう本番をプレイした反作用は、Musicも良いと思いましたし、なによりストーリーが非常にすばらしいなと思いました。

お話を煽るごとに少しずつキャラクターたちの迷宮が検討していくのが面白く、飽きずにクリアーまでプレイすることができました。

十ご時世以上前の本番ですが、非常に面白かったので今度は別のレトロゲームを楽しみたいと思います。毛穴の汚れがしっかり取れるエマルジョンリムーバー